エディターの偏愛スキンケア|Vol.3
2022.11.30

HONEYEE.COM編集部員による私的スキンケアレビュー
Vol.3:fragment design lip balm

最近「メンズもスキンケアを始めている人が多い」とよく聞くものの、すでに商品は氾濫状態。“何を選んだら良いか分からない“という人も多いはず。それならばバスルームが常にスキンケアアイテムで溢れかえる編集部員Mが、使用感やデザイン面を合わせてご紹介しようというこの連載企画。今回は満を持してファッション好きからも人気が高いフレグランスレーベル retaW の fragment design lip balmをご紹介。




Text Takaaki Miyake


つい先日までアウター要らずの日が続き、冬支度に迷っていたのも束の間。一気に気温が低下したのと同時に、特に乾燥が気になり始めた。朝晩しっかりと顔のスキンケアをしても、日中や夜中にどうしても乾燥してしまうのが唇。そのリップケアの心強いパートナーとして、バッグやポケットの中に1本忍ばせておきたいのが retaW による fragment design lip balmだ。

忍ばせるとは言いつつ藤原ヒロシによる fragment design とのコラボとなれば、人にも見せたくなるような、そのデザイン性はお墨付き。ブラックとホワイトの2種類とも表に retaW のロゴ、裏には fragment のアイコニックなサークルサンダーロゴが入りで、自分にはもちろんギフトとしても贈りたくなるような洗練された装い。

ブラックにはローズマリーとローズウッドの香りにミントの爽やかな香りがブレンド。一方で3つの精油と6つの植物エキスを調合した柑橘系が香り立つのがホワイト。さすがは“香りを身にまとう”を提案する retaW というレベルの高さ。ちなみに保湿をより重視したい人には、シアバターとスクワラン配合のホワイトがオススメ。

そして手にとってすぐに気が付いたのが、その絶妙なサイズ感。一般的なサイズだと余分な部分まで塗ってしまい、結局拭きとるということも多いものの、口角の辺りにも細かく使えるのも高ポイント。「意外にこの細さのリップってなかったな」と。スティック部分を出す際に、容器が若干固かったのが唯一気になった点。

それでもベタつきがない使用感、乾燥のみならず紫外線からも守ってくれるという実用性、冬の気温でもバームが固まりにくいという総合力は見逃せない。

ところでリップスティックって、なぜこうも毎度失くしてしまうのだろうか。今回こそは最後まで使い切りたいと願いながら、今週はこの辺りで。

fragment design (b) lip balm ¥1,320
内容量:2.8g

fragment design (w) lip balm ¥1,320
内容量:2.8g

retaW
TEL:03-5772-8550